最新記事

プロフィール

Megumi

Author:Megumi
ドッグマーク
2010/11/6 受賞

♪ ランキングに参加してます ♪
    ポチッとな ↓
バーナー

エリー

Lefty



エルダ


こちらもポチッ!
にほんブログ村 犬ブログへ
http://ping.blogmura.com/
xmlrpc/d3ymho8tvp1d

良かったらこちらもポチッ!



Dogs!Japan




1匹のボーダーコリーをきっかけに人生ががらりと変わり、今やすっかり犬きちに。’ワン’ズと一緒の’ワン’ダフルな生活を綴っています。

注:)人間目線から作ったワンちゃん会話、犬本来の行動とは相違があります事をご理解ください。 面白目線でお楽しみ頂けたら嬉しいです。


♪ リンクフリー、ご自由にど~ぞ ♪

★ワンご飯や物販のお知らせなど、 ’wanことの生活’のブログに載せてます。

★ トレーニングクラブ ★
当クラスでは、誰もがOnly one(wan),それぞれの個性を大切にし、いい所を伸ばす躾をモットーに教えています。
《Dog Buff Club Shonan》については、こちら↓
http://dogbuff.web.fc2.com/
http://wanwan.omegumi.com/



★ ドッグサークルのご案内: 毎月1回
ドッグサークルで集まった参加費は、ボランティア愛護会へ寄付させていただきます。



☆ イベントのお知らせ
4月15日(土)、4時からK9ゲームのトレーニング。



しつけ教室の生徒さん、随時募集中です(☎0463-79-6278)。 メルフォームでお返事が届かない場合があるようですので、お電話番号も記載下さい。

★ お休みのご案内:不定休


★ HPにニュー更新(優良家庭犬テストの推奨)

★ ラリーオビディエンスの実施(ラリーとは→HPの参照をクリック)

★ セラピー犬の養成お手伝い
☆ エリーとアニマルセラピー活動開始



福島出身の神奈川住民
主婦母親兼ドッグトレーナー
(イギリスとアメリカで学んだ事を基に、環境・食事・運動・トレーニング/躾、その犬種に寄る行動の理解、年齢、犬と飼い主さんの考えなどを踏まえながらワンちゃんと飼い主さんをサポートするホリスティックドッグトレーナー)

* ワンちゃんの問題はワンちゃんを買う時から始まっています。買う前にメールでの相談を受けております。 お気軽にどうぞ。(問題犬を1匹でも増やしたくない、殺処分になる結果を作らせたくない、そんな願いを込めて)



☆家族構成:長崎出身の旦那と、イギリス生まれの娘(社会人2年生)と、ワンズ2匹。


≪うちの子達≫
逕サ蜒・0126繝ャ繧ェ縺ョ豌エ驕翫・縺ョ蜃・>鬘農convert_20110225091001
♂ LEO
2001.2.8 紳士の国イギリス生まれの紳士的ボーダーコリー、16歳、水遊び・ボール遊びが三度の飯よりも大好きな男の子だったのに、シニアの今は飯が一番!金色の目がチャームポイント。

逕サ蜒・0305繧ィ繝ェ繝シ縺ゅ¥縺ウ・胆convert_20110225091131
♀ ELLIE
2003.7.7 ラブに見えてラブじゃないポインクス(日本生まれのミニテュアダックスのパパとイギリス生まれのE・ポインターのママとのハーフ)、13歳。食べ物が大好きな乙女、でも、匂い嗅ぎも大好きなのョ。口の周りの白さは生まれた時からで、チャームポイントだって!? 今はヘルニアが再発しないように気をつけながら、ドッグランで走ってま~す。

逕サ蜒・0804繝ャ繝輔ユ繧」繝シ縺ョ闊後⊆繧浩convert_20110223212928
♀ Lefty
2008.8月30日生まれ。エリィー同様食いしん坊。躾付きお泊まりで毎月来るので、うちの子同然のよう。皆のアイドル・スヌーピーに負けず劣らずの人気者なのダ。

逕サ蜒・0171繧ィ繝ォ繝
Dobermann
♀ Elda 
2009.10月14日生まれ。近所のお友達の愛犬。『いっぱい一緒にお散歩に行けて、うれピー♪』(by エルダ)。ボールとレオが大好きな元気はつらつだけど、知らない人にはシャイなワンちゃん。


★ タイトル ★
・CD(AKC:アメリカケンネルクラブ)
・CGCTest(AKC家庭優良犬)
・AKC・K9ラリー競技(RAE)


★ 経験 ★
・フリースタイル(ワンちゃんとダンス)
・アジリティ
・トラッキング(セントゲーム)
・クリッカートレーニング

★Tタッチのイントロダクションコース習得
★日本メディカルアロマテラピー 習得
★ホリスティックケア・カウンセラー
250-60ホリスティックカウンセラー


★愛玩動物飼育管理士認定:229112144号
★動物取扱業登録

≪里親活動≫
里親斡旋の活動は、ゆっくりペースで活動しておりますが他の里親情報も流しておりますので、ブログを覗きにいらしてください。

・保護犬1代目


ダックスフントのクウ:2009/9/30引き出し、2009/12/6八王子のかたへ

・保護犬2代目
逕サ蜒・0026繧ィ繝ェ繝シ縺ィ蟇昴k繧キ繝ァ繧ウ繝ゥ_convert_20110112125735
トイプーのショコラ :2009/12/28引き出し、2010/1/16茅ヶ崎のかたへ

・保護犬3代目


トイプーのコロネ  :2010/2/8引き出し、 2010/2/22下田市のかたへ

・保護犬4代目
逕サ蜒・0299Pasta+s+Face_convert_20110112125147
ミックスのパスタ  :2010/8/3引き出し、2度出戻り。2010/11/2 秦野の方へ。4度目の正直?2010/12/19 相模原のかたへ。 相模から平塚に転送されて来たパスタ、そして相模に戻るとは凄い! 今度こそ幸せにね。

最新トラックバック

カテゴリ

FC2カウンター

これまでの訪問者数

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

Wanコと一緒・・・ with adorable dogs, and all about dogs.
”金のボーダーコリー” レオとの出会い、それが私の人生のターニングポイントだった。 ドッグトレーナーとワンズとの日々を綴った日記 ♪躾・トレーニングの事も沢山書いています。
ワンちゃんの関節炎に関するお話し
私が学んだホリスティックケアの事務所から、今回は関節炎についてのお話が届きました。
私のブログでも時々病気・予防などのお話もして来ましたが、この記事を通して、また見直しの機会に如何でしょうか。


1.関節炎とは

2.こんな症状が見られたら

3.オーナーができること


================================================================
1.関節炎とは
================================================================
骨と骨のつなぎ目にあたる“関節”を覆う軟骨がすり減り、関節に炎症や
変形引き起こし、徐々に悪化していく病気です。

脱臼やじん帯・半月板の損傷など外傷性のものや先天的な関節疾患が原因
となることが多いです。また肥満や過度の運動、運動不足もその引き金と
なることがあります。

犬猫とも加齢とともに発生頻度が増加し、犬の場合、特に大型犬種で
発生が多く、メスよりオスのほうが発症しやすい傾向にあります。

関節炎好発種は次の通りです。

○犬
ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、バーニーズマウンテン、
シェパード、トイプードル、ポメラニアン、シェルティーなど
※関節炎を発症する可能性は「すべての犬」にありますが、好発種として
上記を挙げています

○猫
スコティッシュフォールド、マンチカン


================================================================
2.こんな症状が見られたら
================================================================
日ごろからパートナーの様子を観察し、次のような症状が見られないか、
チェックしましょう。

・歩き方がいつもと違う
・歩きたがらなくなった/遊びたがらなくなった
・動作が遅くなった
・運動を嫌がる
・走ったり、跳び跳ねたりしなくなった
・散歩のとき、遅れて歩くようになった
・起き上がるときが辛そう
・元気がない
・関節の腫れ、変形が見られる
・触ると嫌がる/痛がる
など

痛みを感じているパートナーは攻撃的になったり、引っ込みがちになったり
するなど、性格に影響がでてくることもあります。

また猫は犬と比べ、痛みを隠すことが得意です。
そのため、オーナーや獣医師がその症状に気づきにくいといわれています。


================================================================
3.オーナーができること
================================================================
普段から気をつけることで、関節炎の発症を予防したり、進行を遅らせ
たりすることができます。次のポイントに気をつけましょう。

<本気でダイエット>
肥満自体は病気ではありませんが、体重の増加は関節に強い負担を
かけます。『おやつを与えること=パートナーをかわいがること』では
ありません。パートナーへの愛情を、おやつ以外で示す方法も考えて
いきましょう。

<生活環境を見直す>
人間と暮らす犬や猫は人間の生活様式に合わせて暮らしています。
床や階段などにマットを敷くなどして、滑りにくくなるよう工夫を
しましょう。パートナーの肉球周囲の被毛をカットしておくのも有効です。

また、コンクリートや砂利道のお散歩も関節に負担がかかります。
可能であればお散歩コースも見直してみてください。

<運動不足解消>
運動不足から血流が悪くなると、リンパ液の流れも悪くなり、体内の
不純物も流せなくなります。痛いと運動をしなくなりがちなのですが、
そうすると活動性が低下しますし、体重も増えてしまいます。
筋肉も衰えてくるため、関節へのストレスが増して、更に痛みが強くなる
という悪循環に陥ります。

それを断ち切るために、適度な運動は重要です。
また、適切な運動は筋肉を鍛えると同時に、関節を動かすことで軟骨への
栄養供給を促進させ、軟骨代謝も良くします。身体の柔軟性も増し
関節の動きも改善します。

寒い季節を迎えても、適度な運動が必要です。
ただし、過度のボール投げ、フリスビーやアジリティーなどで急転回
させるような運動は避けましょう。

<食事ケア>
※疾患がある場合は『治療が先決』です。
※「疾患がある」「現在療法食を与えている」といった場合、
事前に獣医師とご相談の上 与えてください。

○オメガ-3脂肪酸
炎症を抑えるオメガ-3脂肪酸を含む食材(魚油や亜麻仁油、えごま油)に
期待が持てます。EPAも豊富に含む魚油は、猫にもおすすめです。
酸化しやすいため、加熱調理には向いていません。

○青魚(犬のみおすすめ)
オメガ-3脂肪酸を多く含みます。新鮮なものを選んでください。
猫の場合、黄色脂肪症(イエローファット)の原因になることがあるので
与える量に注意しましょう。

○グルコサミン&コンドロイチン硫酸
骨疾患予防で有名なサプリメントです。2つとも体内で産生されますが、
加齢とともに量が減ってきます。
2つを併用することにより、相乗効果が期待できます。

○緑イ貝
ニュージーランドだけで採れる二枚貝。関節の悩みを緩和する貝として
昔から重宝されてきました。グルコサミンやコンドロイチン硫酸、
オメガ-3とオメガ-6脂肪酸、アミノ酸、ミネラルを豊富に含んでいます。

<Tタッチ>
ラクーンのTタッチがおすすめです。ポイントは小さく弱い力 で。
ぜひ試してみてください。


(ホリスティックケア事務所からの引用)


スポンサーサイト

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://dogbuffclub.blog54.fc2.com/tb.php/3152-d0092695
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

最新コメント

月別アーカイブ